こだわりの3つのテクニック

 

当院では、筋骨格の調整だけでなく次の3つの技法にこだわりをもっています。

 

 

  クラニオ・セイクラル・セラピー(頭蓋仙骨調整)

 -頭痛、めまい、疲労、だるさ、目の疲れ、脳の活性化や顎関節症にも。

 

クラニオ・セイクラル・セラピーは頭蓋骨の緊張を緩めます。

 動きが悪い頭蓋骨の縫合

 ・硬膜(脳を包んでいる膜)

 ・頭内の血液や脳脊髄液の流れ

を調整していきます。頭を両手で包み込み、ただ触っているだけのような優しい力で行う施術です。

 

頭蓋骨と脳は、縮んだり膨らんだりを繰り返しています。この動きは神経系、呼吸系、循環器系、脳脊髄液の流れに影響します。動きが悪いと

 ・頭痛

 ・めまい

 ・疲れやすい

 ・よく眠れない

 ・冷え性
 ・肩こり

 ・背中の痛み....などの不調を引き起こすことがあります。頭蓋仙骨調整では、頭蓋骨と脳が正しく動くように調整して、症状を緩和させていきます。

 

また頭蓋骨を調整をすると、脳からの指令が正しく神経に伝達されるようになります。つまり、自律神経のバランスを整える効果があります緊張を引き起こす交感神経をしずめ、副交感神経を高めてリラックスした身体になります。

 

 

  内臓調整(内臓マニュピレーション)

 ー消化器系、便秘、胃痛、胃もたれ、婦人科のトラブル、冷え性に。

 

内臓は胃、肝臓、腎臓などそれぞれの臓器に特有の動きがあります。服の上から手の感覚で臓器を感じ取り、正常な動きではない臓器を探し出し、正しく動くように調整していきます。

 

内臓の働きがよくなるとどうなるのでしょうか? 摂取した栄養の吸収がよくなり、内臓のリンパ・血液の流れが改善されます。そして体のすみずみまで栄養が届き疲労回復つながります。

 

また、内臓調整で肩や腰の痛みが改善されるケースがあります。きの悪い内臓の臓器が、周りの筋肉や肋骨の動きを制限してしまい、肩や腰の筋肉や関節に負担がかかって痛みを生じされているためです。

 

当院では内臓の動きを重視し、必要に応じ内臓調整を行っています。内臓に違和感がありましたらどうぞお申し付けください。

 

 

 

 深層リンパドレナージュ

   ーウィルスに強い身体に。浮腫、冷えの改善に。

   リンパ : 老廃物を体外に排出

   血液  : 全身に栄養を運搬

する働きがあります。流れがよいと常にきれいな血液が体のすみずみまで流れ、毒素などの老廃物が体から出て行きます。そして自然治癒力、免疫、代謝が高まっていきます。さらにはリラックス効果もあります。

 

またリンパ管には皮膚のすぐ下を流れる「浅層リンパ」と身体の表面から触れられない深部にある「深層リンパ」があります。深層リンパは、リンパの本管です。深層リンパが促進されると浅層リンパや血液の流れも同時に促進されます。

 

当院では、短時間で高い効果が得られる「深層リンパドレナージュ」を主に用います。リンパの流れている速さと方向を感じ取り、流れの滞りとよどみを改善させ、正しい方向にリンパを流していきます。オステオパシー専門施術院である当院では、ダイレクトに深層リンパにアプローチをすることができます。